こんまり流片づけ後の変化(行動編)

昨日は、平成最後の(単に使ってみたかった)個人レッスンでした。そして今日は、お客様から続々と片づけの進捗報告が入って嬉しい日となってます♪

さて、こんまり流片づけに出会って約4年。片づけ後の変化(行動編)私のトップ3です。

①時間をときめくことに使う
突然ですが、あなたは一日どれくらい探し物をしていますか。一日5分でも探し物をしていると年間約30時間も探し物をしていることになります。一日5分以上ですともっとですね。片づけを終わらせると、ものを探す時間がなくなりますから、この時間を他の大事なことやときめくことに使えるようになるんです。また、余裕をもって準備ができるようになります。夏休みの宿題を2学期間近に慌ててしてたようなことも減りました。

②薦められたことは、一度実践してみる
こんまりさんの本を読んでいると「それ普通はやらないでしょー」と突っ込むことがたくさん書いてあります。そもそも「片づけるカテゴリーを家中から全部集める」って大変です。でも、やらないと進まない。。。なので葛藤は横においておき、まずは忠実にやってみる。そうすると「なるほどー」って体感します。想像できなかった世界が見えてきます。それを何度も繰り返す。思い込みがどんどんはずれていきます。それからは、人に薦められたことは、ひと先ず実践してみるようになりました。やらないための言い訳はいくらでも言えますが、やってみないとわからないことって多いですね。世界が変わってきます。でも、実践してみて合わない、ときめかない、と思ったらやめればいいと思います。

③自分の状態を客観的に見る
片づけ祭りが終わって、一度片づいたお家の状態がわかると、散らかり具合で自分の忙しいレベルが可視化できるようになります。30分で片づくのはリバウンドとは言いませんが、なかなか片づかないときは今は疲れているんだなと客観的に自分の状態がわかるようになりました。そして、そんなときは無理をせず少し休むようにしています。自分の状態をコントロールできるようになってきました。

あくまでも個人的な変化です。人によってさまざまな変化があると思います。片づけ祭りをしている方は、ご自身の変化を楽しみにしながら片づけを進めてくださいね。

お問い合わせ
体験セミナー
個人レッスン