空間をすっきりさせるコツ

先日、こんまり®︎流片づけは、モノを減らすのが目的ではないことをお伝えしました。今回は、「モノが少ないのにすっきりしない」というよくある質問について。少ないのになんだかもやもやする。私も実は、1回目の片づけ祭りを終えた後、しばらくしたらもやもやして、2回目は、「片づけ講座」で学びながら片づけを終わらせました。そこで、もやもやした理由とすっきりさせる主なコツ3つです。

もやもやする一つ目の理由は、「見極めきれていないから」です。残すモノを選ぶのですが、選びきれていない。迷いが生じて中途半端なモノが残っていることがあると、もやもやしてきます。自分のときめき基準で残すモノを選んでいると「ときめき感度」が上がってくるので、迷ったあげくに残したモノが、もやもやオーラを発しているのです。ですから、すっきりさせる一つ目のコツは一歩踏み込んで、見極めきることです。これが1番のポイントです。

二つ目は、収納場所が適切でないから。こんまり®︎流片づけは、モノとの向き合い方、見極め方に重きを置いていますが、実は収納もときめくためにルールがあります。ですから、ちょっと違う場所にあると落ち着かなかったりするのです。頭を一旦クリアにして、ルールにそって考え直すと適切な収納場所が出てきます。本来はここだったんだ、というカチッとする場所に出会えます。

三つ目は、家具や収納の素材や色があっていないからです。例えば、「ナチュラルな感じの空間にしたい」という希望の場合、思い浮かべるのは、木の素材です。なのにプラスチックの収納ケース多かったり、メタル系のラックがあったりすると統一感が出ません。色もオークの中に黒の家具があったりするとどうでしょう、すっきりしませんよね。ただ、家具や収納ケースをいきなり変えるのはお金がかかりますから、買い替えられない場合は、雰囲気があう色の布で合わせてみるなど、工夫することもお勧めします。

何か部屋がすっきりしないなと感じたらまずはこの3つを確認してみてはいかがでしょうか。空間がすっきりしてくるのを実感できると思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。
こんまり®︎流片づけ認定コンサルタント・認定インストラクター
籔田育子

〜こんまり®︎流片づけサービス内容〜
こんまり®︎メソッドワークショップ 7月8月開催予定
こんまり®︎流片づけ講座 7月8月開催予定
こんまり®︎流片づけ個人レッスン
企業・団体の方へ
*その他、お問い合せもお気軽にどうぞ。