手放すモノに「ありがとう」もう一つの意味

前回、手放すと決めたモノの記事を書きました。今回は、手放すモノつながりで、こんまり®︎メソッドでお伝えしている、『「ときめかなかったモノ」にも「ありがとう」を伝えて手放す』について。

手放すと決めたときめかなかったモノたちも勝手にやってきたわけではなく、何かのご縁があって手元にきたモノたちです。

なぜときめかなかったのか理由を考えると「私には、色が似合わなかった」とか「手触りがよくなかった」とか自分にとっての理由が明確になってきます。

すると、自分の「ときめき基準」がまた明確になって、次から同じようなモノは買わなくなりますよね。色々と教えてくれるので、手放すモノにも感謝を伝えて手放します。

もう一つ、脳科学では、「脳は主語が理解できない」という性質があると言われています。手放すモノに「ありがとう」と言っているのは、実は同時に、自分も「ありがとう」を言われているように感じるということです。

人から「ありがとう」と言われたらいかがですか。嬉しい気分になりますよね。

ですから、手放すモノに「ありがとう」を言っているということは、いつも頑張っている自分に「ありがとう」と、ご自身の労をねぎらっていることにもなるんですね。

こんまり®︎メソッドは、ご自身の持ち物の総点検をします。ですから、こんまり®︎メソッドで片づけると、何千回、モノの多い方は何万回もご自身に「ありがとう」というチャンスができるのです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
こんまり®︎流片づけコンサルタント
こんまり®︎流片づけインストラクター
籔田育子

〜こんまり®︎流片づけサービス内容〜
こんまり®︎メソッドワークショップ 
こんまり®︎流片づけ講座 
こんまり®︎流片づけ個人レッスン
企業・団体の方へ
*その他、お問い合せもお気軽にどうぞ。